« マリーゴールドでアレンジ | トップページ | ハナショウブ »

2006年5月29日 (月)

ダヴィンチ・コード

=映画=

ダヴィンチ・コード~

 昨日、話題の映画を観て来ました。
 トム・ハンクスが、色々な顔を持っている俳優さんだと本当に感心しました。

 2時間半ということを、感じさせない映画でした。
 よかったぁ~!とは、ひと言ではちょっと言い切れませんが。
 映画を観てきた~!という疲労感を覚える1本です。(伝わるかしら・・・?)
 
 きっと、小説を読んで挑んでいないからだと思いますが、字幕を追うことに大半のエネルギーを費やしてしまいました。
 今回に限っては、吹き替えをチョイスすればよかったかなぁ?
 DVDが出たら、また、じっくり観てみたいと思っています。

 オドレイ・トトゥの美しさ!凛とした雰囲気と美しい脚線美に感動しました。
 彼女やジャン・レノの映画でのもうひとつの顔は、学習していっていない私でも登場してすぐにわかりました。
 サスペンスという点では、難しくて解らないというものではなかったように思います。

 謎解きの途中の宗教的な奥深いキーは、理解できているとは言えません。
 信仰の薄い私達夫婦には、世界で起きている論争の重さも実感できていませんが、それゆえに、いち映画として観ることができたのかなぁと思います。

 ルーブル美術館の映像、よかったです。
 また、行きたくなりました。

 ん~、リラックスタイムのない、集中した2時間半でした。

 いつものように、伝わりにく~い感想でした。(^^;;

 追伸=暑くなって、冷房が強かったです。
     上着を持って、ブランケットを借りて入りましたがとても寒くて震えました。
     冷えに弱い方は、冷房対策をどうぞ!!
 
 
 
 
 
 
 

|

« マリーゴールドでアレンジ | トップページ | ハナショウブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32764/1985084

この記事へのトラックバック一覧です: ダヴィンチ・コード:

« マリーゴールドでアレンジ | トップページ | ハナショウブ »