« お弁当 | トップページ | 京都ー菊乃井 サスペンス »

2006年6月22日 (木)

自家製ドライミント

=保存食品=Img_4344
 
  ~ドライミント~
   お天気の続いた日に、ミントを綺麗に洗って、干しました。
   

    

Img_4477   数日で、ぱりぱりに乾燥。

 

 

 Img_4481

   茎と葉を別々にして、保存。

   茎は、ネットに入れて、お風呂に。

   葉は、お茶として楽しんだり、お菓子作りに!
   ホワイトリカーやオリーブオイルに漬してローションや芳香剤としても利用しています。

|

« お弁当 | トップページ | 京都ー菊乃井 サスペンス »

コメント

是非、お試し下さい。(^○^)

投稿: westernn_mama | 2006年6月27日 (火) 08時55分

芳香剤、これはいいアイデアですね。
フレッシュではなくドライにしてからのものですね。
トイレにも良さそう~

投稿: ミント | 2006年6月26日 (月) 18時41分

>茎まで大切に利用されてるのね。

はい。貧乏性でしょ!(^^;
エタノールにドライの葉を入れて、香りを移し水で薄めてお部屋の芳香剤に利用しるのも気に入っています。

>今日ハーブサークルの畑からブラックパパーミント

葉の色が、ちょっと濃い目のものですね。

投稿: westernn_mama | 2006年6月26日 (月) 08時55分

スペアミントでしょうか。
茎まで大切に利用されてるのね。
ミントはドライにすると見る影もなくなってしまうでしょう。
なんといっても今の時期お風呂にさわやかでいいですね。
たまたま今日ハーブサークルの畑からブラックパパーミントをもらってきて植え付けたところです。
確かに茎だけでもいい香りがしますわ。

投稿: ミント | 2006年6月24日 (土) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32764/2328753

この記事へのトラックバック一覧です: 自家製ドライミント:

» キャットミント [ハーブ図鑑]
名前の由来:近緑種のキャットニップが猫にたいへん好かれるハーブであることに由来するが、キャットミント自体は猫をひきつけることは、ほとんどない。 甘くてさわやかな香りがあり、ポプリに使われます。葉の表面には綿毛が生え、ビロードのような感じがします。 ... [続きを読む]

受信: 2007年2月14日 (水) 23時28分

« お弁当 | トップページ | 京都ー菊乃井 サスペンス »