« リュ・シウォン、NHKがラブコール、『どんど晴れ』また出演 | トップページ | 韓国ドラマ”宮”8月にシネマート六本木にてイベント&24話上映! »

2007年6月25日 (月)

韓流ロマンチックフェスティバル2007今秋DVDに!?

=韓国情報=

 ~韓流ロマンチックフェスティバル2007~

4時間もの素晴らしいフェスティバルだったんですね~!
今秋には、DVDも発売されるとのこと!凄い~!!


写真集 イノライフ 
こちら

チャ・テヒョン、韓流フェスティバル最高のムードメーカーこちら
チョ・インソン、韓流スターの中で愛嬌が最もある男性
チ・ジニ、3万人の日本ファンから誕生祝いされて感激

チャン・ヒョク、「同じ男が見ても羨ましい体」

ユン・ゲサン、「1000種類の魅力を持った俳優」
コン・ユ、「制服が最もよく似合う韓流スター」

TUTAYAのブログ”蔦印ロキネドラ別館”に詳細記事が・・・。
 
俳優編
 JOhNーHOON編
 その他の歌手編 こちらに、ポニーキャニオンから今秋DVD発売という告知が載っていました。

チャ・テヒョン韓流スター 6人が、チャ・テヒョンを最高のムードメーカーと紹介した。23日日本グッドウィルドームで開かれた「韓流、ロマンチックフェスティバル 2007」でチャ・テヒョンは、特有のウィットに富んだ話術と愛嬌あふれる表情で、このイベントのムードメーカー役を果した。

個人別の舞台が公開され、長い間席に座っている観客の疲れをほぐすことができるように、ストレッチ体操の映像を披露した。映像でチャ・テヒョンが行うストレッチ体操を、グッドウィルドームに集まった観客が一緒に真似て行った。イベントの終盤部韓流スター 6人が一堂に会した席で、チャ・テヒョンは「宴会のムードメーカー」に選定された。

ユン・ゲサンは「テヒョン兄貴は、カラオケに行けばマイクを離さない。とても面白くて色々な才能がある兄貴だ」と選定理由を説明した。チャ・テヒョンも 「僕が考えて見ても、こんな大きな舞台より、カラオケがよく似合うようだ」と語って、会場を沸かせた。

この日チャ・テヒョンは、自身の映画『猟奇的な彼女』のテーマ曲である『I Believe』を熱唱して、ロマンチックなムードを演出した。この時、会場の全ファンが起立して一緒に歌を歌って、コンサート会場を彷彿させた。

チャ・テヒョンのファンクラブは一緒に集まり、チャ・テヒョンを熱狂的に応援した。最後にチャ・テヒョンは「年を逆に取るようだ。段々若くなっていく秘訣は何か?」という日本ファンの質問に「落ち着かないためかもしれない(笑い)。いつも笑っていることが秘訣のようだ」と答えた。

またアン・ジェウクと一緒に、ラジオ番組の進行を務めることになったきっかけに対して「実はラジオのDJができる状況ではなかった。そのため『二人で一緒にさせてくれれば、する』と言ったら、初めは難しいという話だったが一緒にさせてくれることになった(笑い)」と説明、和やかなムードを作った。

チャ・テヒョンは『猟奇的な彼女』『サッドムービー』『波浪注意報』で見せてくれた純情派ロマンチストのイメージで、日本ファンを魅了している。[写真提供=sidus HQ

チョ・インソン韓流スター6人の中で一番年下のチョ・インソンが、兄貴たちから愛嬌が多い男として紹介された。23日、日本グッドウィルドームで開かれた「韓流、ロマンチックフェスティバル 2007」で、最後に登場したチョ・インソンは「愛嬌が最も多い男」に選定された。

コン・ユは 「インソンは女性に対しては分からないが、兄貴たちや弟たちには愛嬌がある。「電話でどこにいるのかと問えば、『兄貴の心の中』と返事したりする(笑い)」と説明して笑わせた。チョ・インソンはこの日ステージの後方からバイクに乗って観客席に登場、場内を熱狂させた。また彼が登場する前、チョ・インソンを紹介する映像が上映され、キスシーンでは観客が歓声を上げた。

「今まで演じた配役の中で、本人と最も似ているキャラクターは、どの作品だったか?」という質問を受けたチョ・インソンは、観客に向かって「どのキャラクターが、僕と一番似合うか?」と聞き返した。ファンが思い思いに答える声が場内に響いたが、『バリでの出来事』のチョン・ジェミン役という声が最も多く聞こえると、チョ・インソンは「皆さんに合わせて、チョン・ジェミンにする」と答えて、熱い呼応を得た。

この日チョ・インソンは、会場を熱狂させた。チョ・インソンの動作、顔の表情一つひとつが、観客を魅了、チョ・インソンの人気を立証した。チョ・インソンは、ドラマ『バリでの出来事』『春の日』などを通じて、日本内での知名度を高め、また日本ファンミーティングを成功的に何回も行っており、名実共に最高の韓流スターとしての面貌を確認した。[写真提供=sidus HQ]

チ・ジニ韓流スターチ・ジニが、約3万人の日本ファンから誕生日を祝ってもらった。23日、日本グッドウィルドームで開かれた「韓流、ロマンチックフェスティバル 2007」で、チ・ジニは誕生日を明日に控えて、イベント会場に集まった3万人の日本ファンと誕生パーティーを行った。

イベントに集まった観客から誕生日を祝ってもらったチ・ジニは「生涯忘れることができない記憶に残る誕生日だ」と感激のあいさつを伝えた。この日参加した韓流スターの中で最初に登場したチ・ジニは、魔術師ナカ・タツヤの魔術を通じて舞台に上がって観客の注目を浴びた。

チ・ジニは自身が直接撮った写真を公開して、普段の姿を披露した。また芸能人野球団“プレイボーイズ”のメンバーでもあるチ・ジニは、現場で自身のサインボールをファンにプレゼントした。

また韓流スター 6人が共にした「まとめて一度に与えるトーク」でチ・ジニは「外見のイメージと実際の姿が最も違う人」に選ばれた。一緒に参席したチョ・インソンは「チ・ジニは普段ジェントルマンのイメージであるが、同じ野球団に所属しているので、1週間に一度野球をするが、試合が始まれば野獣(?)に変わる(笑い)」と述べた。

チ・ジニは笑顔で「そのことは当たっている。試合は試合。必ず勝たなければならない」と語り、会場を沸かせた。最後にチ・ジニは、イベント会場を訪れた日本ファンに「天気がとても暑いのに、ここまで尋ねて来てくださったすべての方に、感謝の気持ちを伝えたい。皆さんの応援に応えれるよう、素晴らしい俳優になりたい」とあいさつした。

チ・ジニはドラマ『宮廷女官チャングムの誓い』『春の日』などで、日本で名実共に最高の韓流スターに浮上した。ソフトで紳士的な魅力で日本ファンを魅了したチ・ジニは、記念切手が発行され、日本キャリアウーマンの理想のタイプになるなど高い人気を集めている。[写真提供=sidus HQ]

チャン・ヒョクが、グッドウィルドームで日本ファンを魅了した。23日、日本グッドウィルドームで開かれた「韓流、ロマンチックフェスティバル 2007」でチャン・ヒョクは、 李小龍(イ・ソリョン)截拳道、韓国チォンボン館(館長キム・ジョンハク)の武術チームとともに、アクション映画のワンシーンを見るような完璧な 截拳道パフォーマンスを披露した。

特に3対1で闘うチャン・ヒョクの姿に、観客の嘆声が上がった。チャン・ヒョクの節度ある動作とカリスマあふれる表情が、日本女性を虜にした。パフォーマンスの最後に完璧な筋肉質の体を公開し、大反響を得た。このパフォーマンスの時、観客は起立して拍手喝さいした。この截拳道パフォーマンスのためにチャン・ヒョクは、2週間毎日4時間以上の練習を強行するなど、公演に対する情熱を見せた。

イベントの終盤部に韓流スター6人が一堂に会した席で、チャン・ヒョクは「同じ男が見ても羨ましい体の持ち主」に選定された。コン・ユは「チャン・ヒョク兄貴が軍隊に行って来てから、体がさらに良くなった。先ほどの截拳道フォーマンスでの完璧なスタイルを見て、僕も截拳道がしたくなった」と述べた。

チャン・ヒョクは最後に日本ファンに「演じる配役のため、いつも努力する俳優になりたい。また日本ファンと、頻繁に会いしたい」とあいさつした。「遂にチャン・ヒョクとお別れする時間になった」という司会者の言葉に、一部日本ファンは涙を流した。

チャン・ヒョクは映画『僕の彼女を紹介します』で切ない愛を披露して、ロマンチックガイとして日本ファンに深く刻印されている。最近は日本で放送中のドラマ『ありがとうございます』で、温かくて人間的な魅力を発散している。[写真提供=sidus HQ]

ユン・ゲサン23日、日本グッドウィルドームで開かれた「韓流、ロマンチックフェスティバル 2007」で、ユン・ゲサンは「1000種類の魅力を持った俳優」という紹介とともに登場した。普段愛唱曲であるエメラルド・キャッスルの『歩み』を熱唱しながら、抜群の歌の実力を披露したユン・ゲサンは、キュートなダンスも公開して日本ファンを魅了した。

ユン・ゲサンは、司会者のチェヨンと即席演技を行って、観客の注目を浴びた。ふてくされた彼女の心を和らげるよう、甘い表情と愛嬌あふれる声で演じたユン・ゲサンは、女性観客の嘆声を一身に浴びた。イベント中、ソフトな微笑で女性ファンを魅了したユン・ゲサンは「微笑みの天使だが執拗だという話を聞いた」という日本ファンの質問に、荒てて「絶対にない。プラモデルが趣味なので夢中になることがあるが、絶対執拗な性格ではない」と笑顔で答えた。

ユン・ゲサンはドラマ 『兄嫁は19歳』で、新しい韓流スターに急浮上した。今年4月、1500人の日本ファンとファンミーティングを行って、日本内での彼の人気を証明した。またユン・ゲサンは7月、イ・ミヨンと共演したドラマ『愛に狂う』の日本放送を控えている。[写真提供=sidus HQ]

コン・ユが、23日日本グッドウィルドームで開かれた「韓流、ロマンチックフェスティバル 2007」で、「制服が最もよく似合う韓流スター」に選定され、即席で制服を着て高校生に変身、日本ファンの悲鳴に近い歓呼を受けた。

コン・ユは日本KNTVで放送されたドラマ『乾パン先生とこんぺいとう』(演出オ・ジョンロク)において、魅力的な反抗児パク・テイン役で出演、日本で高い人気を集めて新韓流スターに急浮上した。このイベントでは、ドラマの姿と実際のコン・ユを比較してみた。またコン・ユは、歌手イ・ギチャンの『美人』を熱唱した。

現在MBC新しいドラマ『コーヒープリンス1号店』のハードな撮影スケジュールのため、風邪を引き喉の状態が良くなかったが、コン・ユは歌手に負けない実力で観客を驚かせた。特に公演直前まで追加リハーサルを行って、完璧なステージを作るため最善を尽くし、主催側の称賛を受けた。

「『乾パン先生とこんぺいとう』のように、実際先生に片思いした経験があるか?」という質問に、コン・ユは「中学校1年生の時、国語の先生に片思いしたことがある。しかし同じ学校の体育の先生と結婚した。先生が結婚する前は国語の勉強を熱心にしたが、結婚した後は国語の勉強を疎かにするようになった(笑い)」と語って、笑わせた。

コン・ユは日本映画『龍が如く』で、しっかりした演技を披露しながら日本映画界の注目を集め、高い身長に西欧的な外貌とスタイリッシュなファッションで、日本で大きな愛を受けている。またファンミーティングを盛況裏に済ませ、韓流スターの面貌を確認した。現在コン・ユは、7月2日から放送されるドラマ『コーヒープリンス1号店』の撮影に余念がない。[写真提供=sidus HQ]

|

« リュ・シウォン、NHKがラブコール、『どんど晴れ』また出演 | トップページ | 韓国ドラマ”宮”8月にシネマート六本木にてイベント&24話上映! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リュ・シウォン、NHKがラブコール、『どんど晴れ』また出演 | トップページ | 韓国ドラマ”宮”8月にシネマート六本木にてイベント&24話上映! »