« きょうのお弁当☆6.7 | トップページ | 6月9日スマステで韓流スターランキングのメール募集中ですよ~!! »

2007年6月 6日 (水)

ペヨンジュンドラマ「太王四神記」四度目の延期

=韓国ドラマ情報=

 6月に同時放送と言われていたのですが、また延期だとか。

ヨン様ファンがっかり、「太王四神記」放映先送り 朝鮮日報 
こちら

「太王四神記」4度延期…MBC編成 'どぎまぎ(右往左往)' my daily こちら

この延期、吉と出るか凶と出るか???
良い結果になる様に・・・。
ファンの皆さん、はらはらどきどき待ち遠しいでしょうね。

「太王四神記」に代わって「コーヒープリンス1号店」スタートへ

 ペ・ヨンジュンとムン・ソリが主演するファンタジー時代劇『太王四神記』(ソン・ジナ脚本、キム・ジョンハク演出)の放映は9月以降に持ち越される見通しとなった。

 「太王四神記」は今月25日からMBCでスタートする予定だったが、ユン・ウネ主演の「コーヒープリンス1号店」が「太王四神記」の代わりに放映されることになった。

 「太王四神記」の放送日が遅れているのは、コンピューター・グラフィックス(CG)などの問題が原因とのことだ。

 先日、制作会社のキム・ジョンハク・プロダクションは、「ファンタジーという同ドラマの作品性を高めるため、高度なCG 作業が必要」として、今年9月ごろに放送開始を先送りしてほしいとMBCに要請した。

 だが、MBC関係者は「太王四神記」の放映開始を9月と確定することはできないとしている。「太王四神記」の9月スタートを含め、さまざまな可能性を念頭に置いているとのことだ。

 さらに、MBCでは「太王四神記」の放映を番組編成から外す可能性もあるという話まで囁かれている。

 スタート時期の遅延が続いている「太王四神記」については、視聴者はもちろん、MBC内部にも冷ややかな目で見る向きがあるのも事実だ。

 なお、「太王四神記」の番組編成が先送りされたことから、現在放映中の「新・良妻賢母」は2話増えて10話で終了する。

STARNEWS/朝鮮日報JNS

「太王四神記」4度延期…MBC編成 'どぎまぎ(右往左往)'
[マイデイリー = ザングソユン記者] ベ・ヨンジュン主演のファンタジー歴史ドラマ 、「太王四神記」シナリオソン・チナ·演出金鐘学·輪状号,製作金鐘学プロダクション)'がもう公式的だけで四番目放送が延期されながら今年 MBC ドラマ編成が行くか(之) 定木歩みを繰り返えしている.
高句麗広開土大王の一代記を描いた 24部作 '太王使臣期'は金鐘学プロダクションが 2003年から企画,2004年 9月製作発表会を通じて言論に正式公開された後最初 2006年 9月最初放送を予定した.
以後製作引き延ばしを理由で放送が一回持ち越されたし今年初 '2007年 5月 21日 MBC 放送'を公式確定した.
しかしバングソングイルはまた 6月 25日に延期されたのに相次いで今度には '9月頃放送説'が流れ出ているがこれもまだ確かではないということが MBC 関係者の言い伝えだ.
このように '太王使臣期'が総 4番(回),今年に入ってだけ 3番目持ち越されるによって MBC 編成国とドラマ局は痛しかゆしの危機に処した.
まず,下半期放送予定だった '申良妻賢母'は急に 5月 28日に繰り上げられながら 5月初には初撮影に入って行くなど草草と製作に入るようになった.
以後にも '太王使臣期' 放送が確定されアンダボだから '新良妻賢母'は最初放送以後にもすべて何回編成なのか製作陣と編成国の間に意見が行き違うなどどぎまぎした姿を見せた.
現在この作品は 10部作で決まった状態.
この以外に週末特別企画に予定された李ソン菌·ユンウンヒェ主演の 'コーヒープリンス 1号店'も放送を 2週間ほど繰り上げた 7月 2日月火ドラマに変わって電波に乗って現在水涯·イ・ジョンジン主演の '9回の裏 2アウト'が 'エアシティ' 後続週末特別企画でつかまっている.
このように放送を 3~4週控えて切迫に変わるドラマ編成は視聴者に混乱を持って来るだけでなくドラマ製作与件にも悪影響を及ぼす.
「太王四神記」放送を待った視聴者たちはもう何回延期されたドラマに冷笑的な態度を見せている.
ID poy***を使うあるネチズンは MBC 視聴者掲示板を通じて '1年以上待ったがもう放送可否を信じられなくて期待感もますます減っている'と言う意見を伝えたしもう一つのネチズンである ID nut***度 ''史上最高大作'と言いながら数年の前から大きく噴き出したシャンペンに比べて基本的な放送である約束さえ何回も忘れる製作社と放送社の行動を理解することができない'と批判した.
ドラマ製作陣も急に尻に火がついた.
予定した日付と時間帯を急に変われば担当 PDや作家はドラマ全般に対する計画を相当部分修正しなければならないから.
例えば 'コーヒープリンス 1号店'の場合週末特別企画の場合回当たり放送時間が 60分だが月火ドラマで移せば 70分で増えるようになる.
16部作なら総 160分もふやさなければならないわけ.
それに放送日程が 2株も繰り上げられた点を勘案すれば製作陣としては大きい負担に違いない.
このように '太王使臣期'の編成が難航を経りながら今年 MBCの全体ドラマ編成が搖れる様相を見せている.
製作社側は放送がしきりに持ち越される理由に対して "済州島セット場撮影が予定より引き延びになって大作に似合うコンピューターグラフィックなど後半作業に念を入れるから"と明らかにしているがドラマ版権を取り囲んだ MBCと製作社の間網引きも続いた放送引き延ばしに少なくない部分を占めていることと知られた.
名前を名乗らない MBCの一関係者は "放送社立場(入場)では、「太王四神記」 ケースが外注社の度が外れた要求を聞き入れる先例で残さないようにしようとする立場であり,製作社はその反対の理由と共に高い製作コスト充当のためにドラマ海外版権などをできるだけたくさん持つという立場を固守中だ"と伝えた.  yahoo!翻訳

|

« きょうのお弁当☆6.7 | トップページ | 6月9日スマステで韓流スターランキングのメール募集中ですよ~!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうのお弁当☆6.7 | トップページ | 6月9日スマステで韓流スターランキングのメール募集中ですよ~!! »