« 今日のお弁当★11月12日 | トップページ | 韓国ドラマ★宮:名古屋シネマスコーレにて上映 »

2007年11月12日 (月)

映画★ALWAYS 続・三丁目の夕日

=映画=3
 ALWAYS 続・三丁目の夕日公式サイト

公開初日に観て来ました。
だんなさんと子供と・・・。

前作がとても感動的でしたので、続編は期待が膨らんでしまうということを差し引いても良かったです。

昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本は高度経済成長時代に足を踏み入れようとしていた。
取引先も増え、軌道に乗ってきた鈴木オートに家族が増えた。
事業に失敗した親戚の娘、美加を預かることにしたのだ。しかし、お嬢様育ちの美加と一平は喧嘩ばかり。
一方、一度淳之介を諦めた川渕だが、再び茶川の所にやってくるようになっていた。
淳之介を渡したくない茶川は、再び芥川賞に挑戦しようと決意する…。

多くのファンからの要望に応え、『ALWAYS 三丁目の夕日』が再びスクリーンに。前作で淳之介を取り戻した茶川が芥川賞に挑戦していく。
今回もまた当時の東京の風景をVFXを用いて、目を疑うようなリアルさで再現している。
完成したばかりの東京タワー、日本橋などの街並みに加え、東京駅、羽田空港、開通直後の新幹線こだま号など、その時代を知る人にとっては懐かしい映像が続く。また、この映画の魂でもある三丁目の人々の温かさも健在。古きよき“昭和”の世界を再び味わって欲しい。
出演は、堤真一、薬師丸ひろ子、吉岡秀隆、須賀健太ら、お馴染みの顔ぶれに加え、上川隆也、マギー、渡辺いっけい他。
監督は前作と同様の山崎貴。


この映画、昭和という時代が懐かしいという映画の見方が私達夫婦にはある為なんともいえない感情で見てしまいます。
子供達とは、スタートラインが違うと思います。
前半がもう一ひねりしてもらえたらと思いましたが、後半は、素晴らしかったです。
この評価は、子供と同じでした。

もう一つかな?!と言っていた子供ですが結局、友人ともう一度行きました。(^^;

|

« 今日のお弁当★11月12日 | トップページ | 韓国ドラマ★宮:名古屋シネマスコーレにて上映 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日のお弁当★11月12日 | トップページ | 韓国ドラマ★宮:名古屋シネマスコーレにて上映 »