« デザート★にんじんとリンゴジャムのゼリー | トップページ | デザート★抹茶パフェ »

2008年2月 4日 (月)

映画★アメリカンギャングスター

=映画=
 ~アメリカンギャングスター~
公式サイトA
2時間50分という時間を感じさせない映画でした。
とても骨太な作品でした。
麻薬、銃など私の苦手なテーマでしたが、麻薬王を刑事が追い詰めるという単純なストーリーでないところがとてもよかったです。
母親の凛とした対応、大事なポイントだったと私は思いました。
エンドロール(長いです)後に、ワンシーン映像があります。
観られる方はお見逃しなく!
今回、ラストを観たのは一緒に行った友人と私達夫婦の4人だけ・・・でした。

解説: 1970年代のニューヨークを舞台に実在した伝説のギャング、フランク・ルーカスの半生を描く犯罪サスペンス。『グラディエーター』の名匠、リドリー・スコット監督がメガホンを取り、しがない運転手から麻薬王にまで上りつめた男の一代記を骨太に描く。主演はオスカー俳優のデンゼル・ワシントン。彼を追う刑事を同じくオスカー俳優のラッセル・クロウが演じる。型破りなギャングスターの知られざる実像、多くの有名アーティストによるゲスト出演などに注目。(シネマトゥデイ)

あらすじ: 1970年代の初頭のニューヨークで、ハーレムを牛耳っているギャングのボスの運転手をしていたフランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン)は、ボスの亡き後、東南アジアの麻薬を密輸する計画を決行する。時に横暴ともいえる強引なやり方で財力をつけたフランクは、マフィアにも一目置かれる麻薬王として街に君臨する。(シネマトゥデイ)

アメリカン・ギャングスター」リドリー・スコットの大人の演出というしかない大作

 デンゼル・ワシントンが、1960年代から70年代にハーレム・ギャングとして頭角をあらわした伝説の悪党=フランク・ルーカスを演じる。マルコムXという過激な黒人人権運動家を演じたこともあるデンゼルが同時代のギャングを演じるわけだ。思想家とギャング。ルーカスは当時アメリカが泥沼状態に陥っていたベトナム戦争を巧みに利用、驚くべき行動力をみせて、ゴールデン・トライアングルから産地直送で純度の高いヘロインを戦死した兵士の棺にしのばせて持ち込み、人気ブランド<ブルー・マジック>として売りさばく。それまでのイタリアン・マフィアの下請けから、黒人の、黒人による、黒人(破壊)のためのシステムを構築したのがルーカスだった。誉められた業種ではないが、デンゼルが演じるとどことなく優美な起業家となる。  彼を追いつめていくのが、「フレンチ・コネクション」のポパイ(ジーン・ハックマン)2代目といっていいラッセル・クロウだ。当時はギャングと警官の境目がないほど警官も腐敗していたが、その中の異端児がクロウなのである。目立たず行動がモットーでなかなか捜査網に浮かんでこなかったデンゼルがクロウの目に止まったのは女房が贈ってくれた派手なオーバーコートが原因という優しさはデンゼルあってこそ生きる。リドリー・スコットの大人の演出というしかない大作。(滝本誠)(eiga.com) Yahoo映画参照

|

« デザート★にんじんとリンゴジャムのゼリー | トップページ | デザート★抹茶パフェ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デザート★にんじんとリンゴジャムのゼリー | トップページ | デザート★抹茶パフェ »