« 音楽ニュース★小田和正ドームで追加公演!加速増す61歳 | トップページ | 庭の花★ブライダルベール »

2008年9月 3日 (水)

映画★本木雅弘&広末主演「おくりびと」がモントリオール映画祭グランプリを受賞!&我が家には試写券が(^_-)v

Dscf9745 本木雅弘&広末涼子主演、滝田洋二郎監督作「おくりびと」(公式サイトこちら)が、第32回モントリオール世界映画祭(8月21日~9月1日)でワールド・コンペティション部門のグランプリを受賞した。監督と主演の2人から喜びのコメントが届いた。

滝田監督は「典型的な日本人の物語ではあるが、民族も、文化も、宗教も違う人たちにこの映画を理解していただいて、本当にうれしく思います」と、日本の伝統的な風習を題材としながらも海外で高く評価された喜びを素直にかみしめた。gooこちら
Dscf9746
*今朝、こちらのニュースを観て感動していましたら、我が家に試写会のハガキが届きました。(*^.^*) また、感想をアップしたいと思います。
おめでとうございます。

納棺師という物語の土台となるアイデアを提案し、自ら主演を務めた本木は、「驚きながらも喜んでいます。あらためて人の生死、そして命をつなぐことは、文化を超えて世界に通ずるテーマなんだと実感しました。とにかく作品に関わったすべての方々と喜びを分かち合いたいと思います」とスタッフ&キャストに感謝の言葉を述べた。

納棺師の妻を演じた広末は、「日本だけでなく海を越えて、この作品がたくさんの人々に愛してもらえたことを、本当にうれしく思います。音楽、風景、物語、そして本木さん、『すべてが美しい作品だ』と賞をいただいてあらためて感じ入っており、この作品に参加できたことを誇りに思います。滝田さんはじめ、スタッフの皆様に感謝しています」とコメントを寄せた。

本作は、オーケストラが解散してチェロ奏者をやめた大悟(本木)が、妻の美香(広末)を伴って東京から故郷の山形に戻って仕事を探すうち、遺体を棺に納める納棺師の職に就いたことから、人間の生死を見つめつつ、さまざまな人々とふれあいながら成長していくというドラマ。脚本は放送作家としても活躍する小山薫堂、共演に山崎努、余貴美子、笹野高史ら。

日本映画の同映画祭グランプリ受賞は、06年の奥田瑛二監督作「長い散歩」以来のこと。日本では9月13日より公開される。

解説

求人広告を手にNKエージェントを訪れた大悟は、社長の佐々木から思いもよらない業務内容を告げられる。それは“納棺”、遺体を棺に納める仕事だった。戸惑いながらも、妻の美香には冠婚葬祭関係=結婚式場の仕事と偽り、納棺師の見習いとして働き出す大悟。美人だと思ったらニューハーフだった青年、幼い娘を残して亡くなった母親、たくさんのキスマークで送り出される大往生のおじいちゃん…そこには、さまざまな境遇のお別れが待っていた。

ご遺体を棺に納める納棺師。一見地味で触れがたいイメージの職業をテーマにしながらも、日本映画を代表するスタッフ・キャストがユーモアを絶妙に散りばめて、愛すること生きることを紡ぎだす異色の感動作を誕生させた。ひょんなことから納棺師になった主人公が、さまざまな死に向き合うことで、そこに息づく愛の姿を見つめていく。メガホンをとったのは『木村家の人々』『バッテリー』『壬生義士伝』の、日本映画を代表する監督・滝田洋二郎。新人納棺師・大悟を演じるのは本木雅弘。現代に生きる日本人の等身大の姿をコミカルかつ繊細に演じ切る。そして、ベテラン納棺師・佐々木を演じるのは、飄々とした風貌と深みのある演技で圧倒的な存在感を放つ山崎努。(作品資料より) gooこちら

|

« 音楽ニュース★小田和正ドームで追加公演!加速増す61歳 | トップページ | 庭の花★ブライダルベール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 音楽ニュース★小田和正ドームで追加公演!加速増す61歳 | トップページ | 庭の花★ブライダルベール »