« 日記★ねんきん特別便 私にも、記入漏れが~!(>_<。) | トップページ | キッチンツール★地元SUNCRAFTのりんごの芯取り(Apple Corer) »

2008年10月 5日 (日)

映画★容疑者Xの献身

Dscf9916観て見ました。 フジテレビ「ガリレオ」の映画化。
だんなさんが大好きな東野圭吾さんの作品でした。
テレビのちょっと面白要素が入ったものとは違い、見ごたえのある映画でした。
「献身」という言葉がまさにキーワードの映画で、そのキーとなる堤さんの演技が素晴らしく、ストーリー展開もとてもよかったです。
ドラマの映画化は残念!って思うものも多いですが、これは良い意味で裏切ってくれました。 
 公式サイトこちら 写真は、映画館パンフレット

天才物理学者・湯川教授が生涯で唯一天才と認めた男・天才数学者の石神哲哉は、娘とDscf9917 二人で暮らす隣人・花岡靖子に淡い思いを抱いている。ある日、靖子の元夫・富樫が死体となって発見された。離婚後も何かと靖子たちに付きまとい、どこへ引っ越しても現れては暴力を振るっていた富樫。元妻である靖子が容疑者として捜査線上に上がるが、彼女には完璧なアリバイが存在していた…。

東野圭吾の物理学者湯川シリーズ「探偵ガリレオ」「予知夢」をドラマ化し、高視聴率を記録した「ガリレオ」。本作は、「ガリレオ」シリーズの唯一の長編であり、第134回直木賞、第6回本格ミステリ大賞に輝いた同名作を映画化。出演は、ドラマ版でも“ガリレオ”こと天才物理学者・Dscf9914 湯川を演じた福山雅治、湯川とコンビを組む女性刑事に柴咲コウをはじめ、ドラマレギュラー陣が総出演。また、本作の真の主役と言っても過言ではない、湯川と大学の同期生で天才数学者・石神に堤真一、美人容疑者役を松雪泰子が演じる。(作品資料より) goo映画より

 

 

 
Dscf9915

|

« 日記★ねんきん特別便 私にも、記入漏れが~!(>_<。) | トップページ | キッチンツール★地元SUNCRAFTのりんごの芯取り(Apple Corer) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日記★ねんきん特別便 私にも、記入漏れが~!(>_<。) | トップページ | キッチンツール★地元SUNCRAFTのりんごの芯取り(Apple Corer) »