« PanasonicパナソニックLUMIX FX70を購入 | トップページ | 家庭菜園☆我が家のトゥインズエッグプラント?!( '∇^*)^♪ »

2010年8月25日 (水)

ソン・スンホン&キム・テヒ超特級カップル主演ドラマ『マイ・プリンセス』、来年1月MBCで放映へ

朝鮮日報こちら イノライフこちら 中央日報こちら

 

 スンホン&テヒ主演ドラマ、来年1月MBCで放映へ 

ソン・スンホン&キム・テヒ主演ドラマ『マイ・プリンセス』が来年1月MBCで放映されることが決まった。

 同ドラマは『ファンタスティック・カップル』(2006年、MBC)のキム・サンホMBCプロデューサーが演出を手掛ける。制作関係者は「韓流スターのソン・スンホンとキム・テヒが初共演するうえ、ロマコメドラマで実績があるキム・サンホ氏が合流し、ドリームチームが出来上がった」と鼻息が荒い。

 『マイ・プリンセス』は出演陣の確定後、10月ごろ本格的な撮影に入る予定だ。

キム・ウング記者    関連記事こちら

 ソン・スンホン-キム・テヒ主演の『マイプリンセス』、来年1月に放映確定

キャスティングで熱い関心を集めているMBCの『マイプリンセス』が、来年1月放映を確定した。

25日、製作会社は『マイプリンセス』は来年1月にMBCでの放映が確定し、演出にはキム・サンホ・プロデューサーが合流したと明らかにした。

今回の作品では『エデンの東』以後、約1年半ぶりにお茶の間にカムバックするソン・スンホンが、このドラマで大韓民国最大財閥企業の唯一の後継者であり優れたルックスを持つ外交官パク・ヘヨン役にキャスティングされた。『アイリス』以後、1年ぶりにお茶の間に帰ってくるキム・テヒは、キュートでハツラツとした節約女子大生から一夜明けてシンデレラになりさまざまな事件を起こすイ・ソルに扮して熱演を繰り広げる。

ここに『秘密男女』(2005)、『ファンタスティック・カップル』(2006)、『魂(ホン)』(2009)等で、しっかりした演出力を認められたヒットメーカー、キム・サンホ・プロデューサーと感覚的なセリフで有名な『恋人』と『オンエア』の作家チーム、脚本家のチャン・ヨンシルが意気投合した。

製作会社カーテンコール製作団側は「2006年に大韓民国を熱くした『ファンタスティック・カップル』でロマンチックドラマの大家となったキム・サンホ・プロデューサーが『マイプリンセス』に電撃的に合流し、2011年のドラマ最高のドリームチームが結成された」と話した。

続けて「何より大韓民国を代表する特級俳優ソン・スンホン-キム・テヒが初めて共演するという点でも年初からお茶の間の責任を負うべき最高の期待作と言われている」と期待感を表わした。

『マイプリンセス』は現在、細部キャスティングを進行中で10月頃、本格的にクランクインする計画だ。

1月放送ドラマでソン・スンホン-キム・テヒの超特級カップル

 

ソン・スンホンとキム・テヒが超特級ラグジュアリーカップルを形成し、来年1月、テレビ劇場に出撃する。

  ソン・スンホン、キム・テヒは来年1月から放送される予定のMBC(文化放送)ミニシリーズ「マイ・プリンセス」(脚本チャン・ヨンシル、演出キム・サンホ)で、恋人として息を合わせる。 エリート財閥後継者とはつらつとした女子大生として登場し、左衝右突の恋愛を繰り広げる予定だ。

  09年初めに放送されたMBCドラマ「エデンの東」以来2年ぶりにテレビ劇場に復帰するソン・スンホンは、韓国最高財閥企業の後継者でありエリート外交官として登場する。 KBS(韓国放送公社)2ドラマ「アイリス」以来1年ぶりのドラマ出演となるキム・テヒは平凡な女子大生から‘姫’に急上昇する女性を演じる。

  制作会社側は「06年のMBC(文化放送)ドラマ『ファンタスティック・カップル』でロマンチックコメディーの神髄を見せたキム・サンホ・プロデューサーがメガホンを握った。 キム・テヒのこれまでとは違う魅力、特色ある面白さが期待される」と伝えた。

  「マイ・プリンセス」は、ドラマ「パリの恋人」「オンエア」などを執筆した作家キム・ウンスク氏がクリエーティブストーリーテリングを担当する点でも関心を集めている。 一方「マイ・プリンセス」は助演など細部キャスティングを進行中だ。 10月に本格的に撮影が始まる予定。

|

« PanasonicパナソニックLUMIX FX70を購入 | トップページ | 家庭菜園☆我が家のトゥインズエッグプラント?!( '∇^*)^♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PanasonicパナソニックLUMIX FX70を購入 | トップページ | 家庭菜園☆我が家のトゥインズエッグプラント?!( '∇^*)^♪ »