« パン☆スイート食パン 教室 | トップページ | 料理☆太切り干し大根と角麩とスルメの旨煮 »

2011年1月30日 (日)

ケーキ☆ガレット・デ・ノア(ガレット・デ・ノア) 教室

P1060844 ガレット・デ・ノア(galette des Rois)を作りました。
フランスでエピファニー(公現祭の日)を祝って食べられるパイです。
詳細記事Wikipedia こちら

 

ガレット・デ・ロワは、1月6日のエピファニー(公現祭の日)を祝ってフランス全土で食べられる伝統菓子で、新年はこのガレットを囲んで祝い、フランスにおける1月の風物詩ともいえる。ガレットには、フェーブと呼ばれる人形が入っており、切り分けたガレットにフェーブが入っていた人は王冠をかぶり、その1日は、王様・女王様として過ごす。またフェーブが当たった人はその1年幸運に恵まれるという言い伝えもある。サイトより

  

パートフィユテ(パートフィテ)ーパイ生地

 三つ折りを繰り返し生地が完成したら四角くカットしたものの端を折り、麺棒で丸く成形していきます。

P1060805   
クレームダマンドを生地の中央にの山型に均します。
パイ生地の中にフェーヴ(fèves)も一緒に。

P1060821a   
生地の周りを波型に押さえ

P1060825  
卵液を塗った生地に絵柄を描いていきます。

 今回は一般的な柄に。  

P1060829  
生地のあちこちに空気穴をあける。

P1060830    

オーブンで焼き上がったら取り出しパウダーシュガーをふってもう一度オーブンに。

P1060840  
飴色につや良く飴色に市焼き上がったら完成です。

P1060844_2   
切り口はこんな感じです。

P1060846

 

 

 

|

« パン☆スイート食パン 教室 | トップページ | 料理☆太切り干し大根と角麩とスルメの旨煮 »

コメント

いつもは自分で王冠を作りますが、今回はなしで。
 
ほんとに派手さはないですが、私の好きなもののひとつです。
 
生地にお砂糖を入れていませんので、変色処理のためワインビネガーを加えたプロのレシピです。

投稿: Westwrn Mama | 2011年1月31日 (月) 08時23分

Westwrn Mama様
ガレット、地味だけどおいしいですよね
(王冠がのるでしょうけど)。
フェーヴもかわいいです。
コレクションしたがる人がいるのもよくわかる…。

投稿: Rooly | 2011年1月30日 (日) 18時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パン☆スイート食パン 教室 | トップページ | 料理☆太切り干し大根と角麩とスルメの旨煮 »